かのんのつれづれ草

日々の生活の中で、思ったことや気になったことなどを、つれづれなるままに書いています。子育てのこと、マイホームのこと。シンプル&ナチュラルなお家を目指しています。

 
ようこそ☆かのんのつれづれ草へ



はじめまして。かのんと申します。
宮崎県在住。
ぱぱさん、かーくん小5、あーちゃん小2との4人家族です。
H21年に念願のマイホームを建てました。
お気に入りの家での出来事、お気に入りのものたちのことなどを
のんびりとつづっていきます。
平屋の建築の様子は、↓↓にUPしています。

アイ・ホームで理想のマイホーム
実現
 ↑こちらからどうぞ~


☆。・★。・☆。・☆。・★。・☆。

お家づくりの参考にどうぞ
にほんブログ村 住まいブログ


☆。・★。・☆。・☆。・★。・☆。


大手ハウスメーカーの新築一戸建てを検索!家選びネット


☆。・★。・☆。・☆。・★。・☆。


↓うちの子も、頑張ってますよ~



新着記事
マイホーム























何日目?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収入印紙

収入印紙について調べてみました。

もしかして、知っていて当たり前のことなのかもしれませんが、
私は、知らなかったので、今回、記事にしてみました。



収入印紙って、今まで、200円のしか見たことありませんでした。
3万円以上の領収書に貼られるものですね。

収入印紙のことを、気にしたことはなかったのですが、
家を建てるにあたって、目にする機会が何度かありましたので、
いったいそのお金はどこに流れて行って、誰が儲かってるわけ??
っていう疑問が湧いてきました。


収入印紙は印紙税を納めるための印紙みたいです。
印紙税とは、経済的取引などに関連して作成される文書に課税される税金のことです。

収入印紙を貼って、消印することで納税したことになります。
法律で定められている税金を払っているわけです。


経済的取引により収入印紙を貼る義務が生じるということは、2人以上の人間がその取引にかかわっているということになります。
では、どちらが収入印紙代を負担するのか?

通常、領収書の場合は、お金を受け取った方が負担し、
金銭借用契約書では、お金を借りる方が負担するようです。


たとえば、今回我が家がマイホームを購入するにあたっての場合…

アイホームさんに契約金を払ったときの領収書には、200円の収入印紙が貼ってありました。
そして、中間金を払ったときの領収書には、4000円の収入印紙が貼ってあります。

これらの場合の収入印紙は、アイホームさんの負担となるわけですね。
そして、領収金額によって貼らなければならない収入印紙の金額が決まっています。



そして、我が家は、銀行からお金を借ります。
その場合はどのようになるのでしょうか?

まず、土地代を借りたとき、つなぎ融資をしてもらいました。
こちらは、1000円の収入印紙を我が家が準備しました。

そのあと、中間金の支払い用のお金を借りるとき(つなぎ融資)は、
4000円の収入印紙を準備しました。

そして、もうすぐ行われる最後の支払いのときは、
2万円の収入印紙が必要です。


で、この前知ったことですが、
つなぎ融資と、最後の支払いの融資とは、
同じ金額だとしても、必要な収入印紙の金額が違うということ。

土地代と、中間金は、手形貸付なんですね。
手形の場合は、定められた収入印紙の金額は、

10万円未満                 非課税
10万円以上~100万円以下       200円
100万円超~200万円以下       400円
200万円超~300万円以下       600円
300万円超~500万円以下     1000円
500万円超~1000万円以下    2000円
1000万円超~2000万円以下   4000円

↑このようになってます。

最後の支払いは、金銭消費貸借契約となるので、
↓こちら
1万円未満                 非課税
10万円以下                200円
10万円超~50万円以下        400円
50万円超~100万円以下      1000円
100万円超~500万円以下     2000円
500万円超~1000万円以下      1万円
1000万円超~5000千万円以下    2万円
5000万円超~1億円以下        6万円

このように収入印紙の金額が決められているのです。

もし、収入印紙を貼ってないことが、税務調査などでばれた場合は、
もともとの収入印紙の金額の3倍の追徴税がかかってくるそうですよ。


ということで、なんでこんなに払わないかんわけ?
と思いますが、
決められたことなので、しょうがないわけですね。

ちなみに、収入印紙は、郵便局やコンビニ、
「収入印紙売りさばき所」の指定を受けた店で購入することができます。
高額ものになるとコンビニには置いてないことが多いそうなので、
郵便局が確実に買えそうですね。




ブログランキングが別窓で開きます。
↓お手数ですが、見に来たよ♪の合図にポチッとお願いします
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

コメント一覧

始めましてブログ村からお邪魔しています。

家を建てる事が無ければ高額な収入印紙を見かける機会は殆どありませんね。
始めて4000円の収入印紙を見ました。
でも我が工務店は請求しないと領収書は発行しないって・・・
振込み依頼書で確定申告等は間に合うからと言われました。
でもやっぱりちゃんとした領収書が欲しいからお願いして4000円の収入印紙付の領収書貰っています。

金銭借用契約書では借りる側が用意する物なのですね・・・うちは用意していないけど、その分のお金は取られているのでしょうね。

応援ポチ

コメント一覧

おはようございます

とっても勉強になりました・・・。
疑問に思ったことを、すぐに調べるかのんさん・・・素晴らしいです。
私は、一生モヤモヤして終わりそうですので(笑)

コメント一覧

v-22らんとしさんへ
コメントありがとうございます。
請求しないと領収書貰えないんですね。
経費削減なのでしょうか??
もう、高額の収入印紙を目にする機会はないと思います。
家づくりでは、普段経験することができないことを経験できますね。


v-22ひまわりさんへ
ありがとうございます。
すこしはお役に立てたでしょうか??
家づくりでは、いろんなわからないことが出てきますよね。
   
応援よろしくお願いします
メニュー☆
お気に入り











リンク
メールフォーム
このブログの管理人 かのんへ直接メッセージがある方は、こちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。